千松自動車教習所

  1. HOME
  2. 中型自動車

中型自動車

中型自動車

車両総重量7.5t以上11t未満・最大積載量4.5t以上6.5t未満・乗車定員29人以下の自動車を運転できる免許です。

▼入校資格▼
・普通自動車の免許を取得して2年以上(20歳以上)
・片眼0.5以上、両眼で0.8以上
深視力 3回の平均誤差2センチ以内 (眼鏡・コンタクトレンズ使用可)
※普通車または大特車の免許を受けていた期間、通算2年以上が必要(免停期間中は除く)

中型自動車

※所持免許の2年以上の運転経験

所持免許 教習時限数 入所料
総額料金
卒業までの
費用総額(基準)
 (税込)
学科 技能
普通MT 1 11 52,000 148,000 159,840 
普通AT 1 15 52,000 176,000 190,080 
仮免許手数料 1,700
仮免許交付手数料1,100
中型自動車申請料 1,600
※学生の方は8,000円割引致します。
中型自動車
各コース
ハイスピードコース

最短14日卒業を目指す!

安心ご予約コース

※2月・3月・8月は、ハイスピードコースのみとなります。
入所時に、場内教習が一括で予約でき、いろいろスケジュールがたてられます。

ナイト&ウィークエンドコース

放課後と土・日で免許が取れる!

料金定額とくとくコース

追加の補習料金などは一切いただきません!
料金定額制のとくとくコースをご準備。毎日忙しい方にや、安心して免許を取っていただきたいと「千松」がご用意したセットコースです。



厚生労働大臣指定口座教育訓練給付金制度
教育訓練給付金制度とは

働く方の主体的な能力の開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす方が厚生労働省が指定した講座を受講し、終了した場合に、終了後1ヶ月以内に手続きを完了すれば、支払った教育訓練経費(検定料,証紙代,追加料金は含みません)の20%(上限10万円まで)をハローワークから支給されます。

受給条件

◆初めての方
支給要件期間(雇用保険の被保険者であった期間)が1年以上の方など一定の要件を満たす在職者。または離職後1年以内の方。

◆2回目以降の方
支給要件期間が3年以上、前回の給付制度をご利用後3年以上の方。

適応車種

中型免許

教育訓練給付金制度 申請手続き
受講資格の確認 教育訓練給付金支給要件紹介票(当所、ハローワークにて配布しております)に必要事項を記入し、ハローワークに提出します。
記入の際には、本人の確認できる書類(運転免許証の写し、住民票の写し、国民健康保険被保険者証など)、印鑑、雇用保険被保険者証が必要になります。

教育訓練給付金支給要件紹介票に基づき、教育訓練給付金要件回答書が交付され、条件を満たしているかがわかります。
※回答書は捨てずに必ず保管してください。



教習所への入所 支給条件をご確認の上、当所にご入所ください。
《お持ちいただくもの》
  ・教育訓練給付金要件回答書
  ・運転免許証(本籍の記載がない場合本籍入り住民票(審査は除く))
  ・証明写真(当所でも撮影可能です。800円ご持参下さい)
  ・眼鏡等(視力検査がございます)
  ・教習料金(給付金は申請後に支給されますので、全額お支払い頂きます)



卒業教育訓練終了 卒業検定に合格後、当所より教育訓練終了証明書給付金対象額の領収書が発行されます。









給付金の申請 受講終了後1ヶ月以内にハローワークに必要な書類を提出して下さい。
  ・教育訓練給付金支給申請書
  ・教育訓練終了証明書
  ・給付金対象額の領収書
  ・本人、住所確認書類
  ・雇用保険被保険者証
  ・払渡希望金融機関の通帳またはキャッシュカード
   (「払渡希望金融機関指定届」を届けている方は必要ございません)


給付金支給 支給が決定された給付金が指定口座に振り込まれます。
支給例
  ※1,上記料金には検定料,証紙代,追加料金は含みません。
   お支払金額とは異なります。
  ※2上記金額は例です。実際の支給額とは異なる場合がございます。

※ご不明な点がございましたら 0120-320472 千松自動車教習所までご連絡ください。

アップ